家族で味を守り続けてきた老舗中華の天津飯はふわふわで激ウマ【梅田 平和樓】

最近の梅田駅の発展するペースは、
目を見張るものがあります。

ちょっと来ていないだけで、
えっ、ここはどこ?
一体どうしてこんな都会になったの?
という驚きと、クエスチョンが、いっぱい並んでしまいます。

最近突如として現れた、近代的なビルに囲まれた谷間に、
古き良き時代の面影をのこす、新梅田食道街があります。

回りを見渡す限り、一番古そうなビルが、新梅田食道街ってw
ちょっと、かわいそうになってしまいますね。



Sponsored link


新梅田食道街は、旧国鉄時代の、
施設関係退職者に対する、救済事業として設立されました。

開業は昭和25年12月15日。
新梅田食道街の名前の由来は、誰も覚えてないみたい。

ほぼ同じ場所に駅がありながら、JR以外は梅田駅。
JRだけ大阪駅という名前がついています。

新梅田食道街の出来た場所が、旧国鉄大阪駅の高架下。
「その場所で梅田食道街という名前は、あかんのんとちゃうのん。」
こんな配慮が、あったのではないかとされています。

約100件の軒を連ねる、新梅田食道街。
その中に開業当初から営業されている中華料理屋さんがあります。

平和樓というお店です。
外観は典型的な町中華のイメージそのもの。

店内はほぼサラリーマンのおっさんたちが、席を締めてます。
円卓はもちろん、四人がけのテーブル席も相席はあたりまえ。

人気のあるお店ですね〜。
これは楽しみですよ。

お昼のメインメニューはこんな感じ。

いい味出したメニューですね^^

注文したのは、
鶏のから揚げ、天津飯 850円。

10分ほどで出現した天津飯と唐揚げです。

見るからにめちゃくちゃキレイな玉子ですよ。
飴色のあんがコーティングされて、
めちゃくちゃ旨そうですね^^

なにわともあれ、いただきます!

うん、旨いやん!^^;

玉子が見た目通り、なめらかな舌触りで、
ごっつい旨すぎですよ。

この天津飯の玉子は、ふわふわの焼き加減で、
まるで洋食のオムレツみたいになめらか。

この天津飯、めっちゃええやん!

鶏のから揚げは、熱々の揚げたてです。

お箸でパクリとかぶりつきます。
最初熱っ、、、ごっつ旨い〜〜!!

鶏肉の部位は胸肉で、下味もしっかりついてます。
どこにも尖った味はなく、鶏身と衣と調味料の旨味が完全に調和。

グチャグチャに旨い、鶏のから揚げですよ^^

これはビールが欲しくなる唐揚げですね。

こんなにうまいのであれば、次から次へとお客が入るのは当然ですね。

天津飯と鶏のから揚げは最高!めっちゃ気に入りました。
今度は是非夜に来て、鶏のから揚げをアテにビールを飲みに来ます。

新梅田食道街創業当時から、家族で守り続けられてきた味は、
半端なく、ごっつい美味しかったです。

ごちそうさまでした。



Sponsored link


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Sponsored link


新着記事

  1. クリスタ長堀に横綱ラーメンが、オープンされたので行ってきました^^横綱ラーメンは国道沿いに…
  2. 日本各地の有名ラーメン屋さんが9店も集結する、エディオンなんば店9階。今回食べに行ったラー…
  3. メディアで何度も取り上げられているので、すっかりデカ盛り喫茶店として人気が定着している、ポミエ…
  4. 6月7日に高島屋の向かい側に新しくできた、エディオンなんば本店。9階にはなんばラーメン一座…
  5. コスパが高いお昼定食で人気の、うえ河にランチに行ってきました。お店の場所は少し分かりにくいところ。…
PAGE TOP